--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/22 (木)
KVM-KU4を買った


コレ↑

まぁ普通のKVM(CPU切替器)なんだけど、
自分が持ってるKVMは、2台切り替えでマウス・キーボードがPS/2用だったので、
今回は4台切り替え可能でUSBのものを買った。

新しく自作したPCのマザボにはPS/2がついていなかったし、最近は常時3台のPCを使っているので、
これですごく捗る。

ちなみに、もう4年前くらいからKVMにはモニタを接続せずに使っている。
つまりマウスとキーボードだけを接続。
マルチモニタを複数のPCで共有しているんだけど、モニタの切り替えはモニタに付いてる切り替え機能を使用している。
なぜかというと、マウス・キーボードとモニタを独立して操作できると、
例えば一方のPCでの処理を待っている間もう一方のPCで作業している場合、
処理を待っているPCのモニタだけを表示して常に状況を確認できるようになるからだ。

実際に、調べてみるとそういう使い方をしている人はたくさんいるみたい。

でも、マウス・キーボードの切り替えのみだったらUSB切替器を使うっていうのも手なんだけど、
マウス・キーボードのエミュレーション機能がないので、切り替えのたびにハードウェアの認識があるから、
ワンテンポ遅くなる。
多機能マウスとか特殊なキーボードとかを使っている場合トラブルが少ないっていうメリットもあるのだろうけど。

本当は、マウス・キーボードのみの切替器があると良いのだけど、需要と生産量の関係でないみたい。
だからVGA接続の安いのを買った。
DVI接続のはちょっと高いし、これはからDisplay Portに置き換わっていくのではないかというもったいなさもあって。

ちなみに、KVM-KU4はオーディオも切り替えられるのは買ってから気づいた。
これは意外と嬉しい。
しかもオーディオとコンソールを独立して切り替えることができるみたい。
すると、別PCで動画を再生しながら、メインのPCで作業ができたりするわけ。
またはバックグラウンドのPCを処理が終わったらアラームが鳴るようようにしておけば、音で状況を知らせることもできる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiii.blog119.fc2.com/tb.php/282-cd491d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。