--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/21 (月)
リモートデスクトップ(RDP) 7.0になって、Aero Glass Remoating と Multimedia Redirection という機能が追加された。

これはリモートデスクトップで Windows Aero を有効化したり、 リモート側のマルチメディア処理をローカル側ですることにより リモート画面の描画を高速化するという技術だそうだ。

試しに、職場のWindowsサーバーに高画質な動画を置いて家から再生してみた。
ちなみに、職場側のOSはWindows Server 2008 R2で、家側はWindows 7 Professionalである。

すごい、すごすぎる…

きれいに再生されてるよ…

Windows Aeroもきれいな半透明が描画できてる。

比較としてVNCでも再生してみたが、見れたもんじゃなかった。そりゃ当然か。



さすがOSを作ってるところが提供するリモート環境だから、こんなこともできるのか。
まぁ、ハードウェア情報とか描画命令を簡単に渡しあえるはずだし。

ところで、この機能サーバー側はWindows 7 Enterprise以上かWindows Server 2008 R2でないとだめらしい。
Windows 7 Professionalじゃできない。
クライアント側は何でもいいらしいけど。
つまり、今回の例だと、逆は無理だということ。職場から家の動画を再生できない。
Professionalでできないとか、どういうことですかMSさん…

それから Multimedia Redirection は Windows Media Player でないとできないという噂があったが、 そんなことなかった。
試しに GOM Player インストールして再生してみたけど問題なくできた。
というかむしろ GOM Plaer のほうが心なしかぬるぬる再生できている気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiii.blog119.fc2.com/tb.php/268-408b5bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。