--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/26 (金)
sudo apt-get install cpufreq-sector
で、cpufreq-sectorをインストールする。
と思ったらcpufreq-sectorはデフォでインストールされているみたい。

ツールバー上で右クリックして「パネルの追加」→「CPU周波数の計測モニタ」を「追加」する。

現れたツールをクリックして、動作モードを選ぶ。

conservative - 動的クロック(ondemandと似ているがよりクロック変更頻度が低い)
ondemand - 動的クロック(AMD64,Centrino等の機能を使う)
powersave -最低のCPUクロックで動作
performance - 最高のCPUクロックで動作

powersaveにすれば、CPU動作クロックを抑えることができて、発熱を抑えることができる……はず。
スポンサーサイト
2010/02/25 (木)
Fedora 12 アップデートしようとするとtransaction errorとでる場合。

su -
# yum clean all
# yum update

で、コンソールから直接アップデートするとうまくいく。
2010/02/22 (月)
ソースをダウンロードしてきて自分でコンパイルする。
そいつを、自分のディレクトリにインストールすればルート権限は必要ない。

cd
mkdir src
mkdir local
cd local
mkdir vim7
cd
cd src
svn co https://vim.svn.sourceforge.net/svnroot/vim/vim7
cd src/vim7

./configure --prefix=/home/ユーザ名/local/vim7 \
--enable-xim
--with-features=big \
--enable-multibyte \
--enable-fontset \
make
make install

ホームディレクトリ/local/vim7/binに実行ファイルが作成されているはず。
そいつにaliasをつなげるかなにかする。
2010/02/19 (金)
自分用のメモ


ワイルドカード関連
* 任意の数の文字
? 任意の1文字
[xxx] そのセットの1文字

コマンドヒストリ関連
!! 直前のコマンド「!! | less」とかできる。
^x^X 直前のコマンドのxをXに置き換える。
Ctrl-R コマンドヒストリの検索

コマンド(ユーティリティ)関連
シェルユーティリティ
tee

ファイルユーティリティ
df
du
touch

テキストユーティリティ
cat
comm
cut
nl
sort
tac
tail
tr
wc

ソフトウェアユーティリティ
tar
gzip






























2010/02/17 (水)
まずは、グラフィカルなインタフェースの強化。

sudo apt-get install compizconfig-setting-manager
sudo apt-get install icon-fusion
sudo apt-get install emerald

compizとかemerald関連。3つインストール。
なんか同時にインストールしたらエラーが出たので個別にインストールしたほうが良さそう。

後でいいのだけど、
http://compiz-themes.org/
あたりから良さげなemeraldテーマをダウンロードする。


次に、タッチパッドのくるくるスクロールを有効にしたい。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<deviceinfo version="0.2">
<device>
<match key="input.x11_driver" string="synaptics">
<merge key="input.x11_options.SHMConfig" type="string">True</merge>
</match>
</device>
</deviceinfo>

上記の内容を/etc/hal/fdi/policy/shmconfig.fdiに保存し、

sudo apt-get install gsynaptics

でタッチパッドのユーティリティをインストールする。
「システム」→「設定」→「タッチパッド」で回転スクロールの設定をする。


Firefoxのアドオン関係をインストールする。
好きなやつを。
adobeのflash playerをインストールする。
adobeの公式ページからtar.gz形式のファイルをダウンロードして適当なディレクトリに展開し、
中身のlibflashplayer.soファイルを~/.mozilla/plugins/に保存する。
Firefoxを再起動すると何も反応はないが、flash playerがインストールされている。


あとは、compizの設定ファイルとかブックマークをインポートする。


conkyをインストールしてデスクトップを格好良くする。
sudo apt-get install conky
conky で起動できるが自動起動するアプリに登録しておきたい。


vimとemacsをインストール
sudo apt-get install vim-nox
sudo apt-get install emacs
.vimrcと.emacsのセット。


zshのインストール
sudo apt-get install zsh
ログアウト→インして
chsh -s /bin/zsh
.zshrcなどのセット。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。