--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/30 (水)
テーマを変更するには UXTender を使う
スポンサーサイト
2009/12/29 (火)
というか、Let's noteを普通に使ってたら指が引っかかって、突然Fnキーがとれた(飛んでった)。

Let's noteのキートップって取れるんだ…………と思ってたら突然ひらめいた。
この際だから、CtrlキーとFnキーのキートップを入れ替えてしまおうという企画。

たぶん、コントロールキーとファンクションキーの割り当てをBIOSの設定で入れ替えることができるのは、そこそこのレッツラーなら知っていると思う。
僕自身も、emacsとかでガンガンCtrlキーを使うので入れ替えて使用していたのだが、こんなに簡単にキートップまで入れ替えることができるとは…(当然保証外の行為です!

ここに書いている内容を実行する場合、自己責任でお願いします。
これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても、私は一切責任を負いません。



キートップを外すとこんな感じ↓
ctrlfn03.jpg

外すコツはないです。
ただキートップを平行に持ち上げて引っ張るだけです。
でも、無理するときっとツメが折れます。
外れたのを見てわかりましたが、プラスチックのかなり弱そうな小さいツメです。

で、入れ替えて付け直した↓
ctrlfn02.jpg

CtrlキーとFnキーの規格は一緒なんですね。
ありがとうLet's note!

まるで、もとからこういうキー配列だったかの様。


ちなみに、キーアサインはBIOSで変えることができます
ctrlfn01.jpg

BIOS、つまりハードレベル(?)で入れ替えることができるので、マルチブートでいろんなOS使ってても全てに反映されるですよね。

ついでに、Caps LockキーとCtrlキーとかも入れ替えることができると嬉しいんだけど。
Happy Hacking Keybordみたいに。↓

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2
2009/12/28 (月)
ノートPCで Windows XP と Ubuntu 9.10 のデュアルブートができるようにインストールを試みていたところ、
「GRUBを***にインストールできません 'grub-install***'の実行に失敗しました。 これは致命的なエラーです。」
というメッセージが出てインストールが止まった。

当方は、約160GBのHDDを
45GB Windows XP
16GB Ubuntu9.10
90GB その他データを保存する領域
という構成にしたくて、さらに、ntldrをGrubで上書きしたくなかったので16GBのパーティションにGrubをインストールをしようとしていた。
Windows 7 とデュアルブートをしていた時はこんなエラーが出なかったのだが、XPだと何度いろいろ試しても致命的なエラー云々のメッセージが表示されて、インストールが途中で止まる。


で、やっと解決した。

ヒント:
「プライマリパーティション」と「拡張パーティション」の違いをよく理解する。
Windows7だとこの辺を自動的にやってくれていたらしい。
2009/12/22 (火)
個人的なメモ

NTLDRでデュアルブートと言っても要は

BIOS -> MBR -> ブートセクター -> NTLDR -> grub -> ubuntu

ってこと。
これで、CドライブのMBRを傷つけなくてすむ。
ここでは、160GBのノートPCで
WindowsXP 50GB
Ubuntu9.04 16GB
データ領域 残り90GBくらい
って感じにする。

まず、Cドライブ分のパーティションを切ってWindowsXPをインストールする。
切るのはCドライブだけでよい。
残りのUbuntuとデータ領域のぶんはUbuntuのGpartedを使うので。

で、UbuntuのCDを使ってUbuntuを起動する。
Gpartedで残りのパーティションを設定する。
ここで、注意。
残りはすべて「拡張パーティション」にした後
インストールする領域を「未割り当て」に、
データ領域を「ntfs」にする。

パーティションの設定が終わったら一応再起動してUbuntuにHDDの情報を読み取らせる。 で、Ubuntuをインストールする。
「どこにUbuntu9.10をインストールしますか?」の質問には
「連続する最大の空き容量をしようする」を選択。

「インストール準備完了」画面で
「拡張」をクリック
(hd0)を(hd0,5)とかにする。
これは、パーティション6をext3に初期化する場合。

そして、インストールが終わる。

この後、電源を切らずに続けて作業する。
(電源を切ってしまうとubuntuが起動できなくなってしまう。電源を切ってしまった場合はCDからブートすれば良い。その方法は、bootを破壊してしまったときの修復方法などをググれば良い)

端末で sudo dd if=/dev/sda3 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1 とかいうMBRを書き出すコマンドを打つ

作成された、ubuntu.pbrをUSBメモリにcpして電源を切る。
windowsXPを立ち上げる。 C:\直下にubuntu.pbrを置く。
(USBメモリ経由じゃなくて、Cドライブをマウントして直接保存するとなぜか上手くいかないらしい。)

C:\直下にあるboot.iniを編集して、ubuntu.pbrを指定できるようにする


以上。個人的メモでした。

・参考文献
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/InstallDualBoot
http://d.hatena.ne.jp/np90/20080424/1209045646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。