2008/10/23 (木)
いつか、再インストールしたときのために、自分なりのマンガミーヤのカスタマイズ法を書き残しておく。


基本的な目標
・片手でケータイをタテに持って操作する

・さんざん悩んだ結果、画像のスクロールは親指でタッチパネルのみで行う。
 →十字キーでの操作は押しにくいし、どう頑張って設定してもモッサリだった。

・疲労軽減のために親指は極力動かさないような設定。
 →親指が動く距離に対して3倍画像が動くようにする。
 →画面の右端をタッチでページ送りができる。
 →その他はスクロールの邪魔なので無効領域

・サクサクスクロールと確実なページ送りタッチが正しく判別できるように設定はシビア。

・十字キー↑↓で画像の拡大縮小。

・十字キーの←→でページめくり。

・拡大処理に最近傍法を使う。
 →こうしないと、拡大表示したときにモッサリ過ぎて使い物にならない。
 →荒い画像は、シャープネスフィルタで頑張る。

・リサイズ後の画像をキャッシュ
・あらかじめ次ページのみを自動で読み込んでくれるようにキャッシュサイズを調整。
 →スムーズに漫画が見れるようになった。
スポンサーサイト



2008/10/22 (水)
この記事の内容は、ゲームメーカー様とはまったく無関係です。動作に関してゲームメーカー様へのお問い合わせは絶対に行わないようお願いします。



WILLCOM 03 でPC用のヴィジュアルノベルなゲーム(いわゆるエロゲとかギャルゲ)をする方法。
以前、チラっと紹介しましたがもっと詳しく解説。

今回は「D.C.P.C. ダ・カーポ プラスコミュニケーション」を例に説明する。


ネットではPC用のエロゲをPocketPC用に変換するツールが非公式に公開されている。
1つのツールで全てのゲームが変換できるわけではなく、1つ1つのゲームに対して専用のコンバータが存在する。とはいっても、有名なタイトルはけっこう対応している模様。感謝です。

WILLCOM03 は Windows Mobile 6.1だが、このPocketPC用のツールが流用できる。もちろん、WM6用に作られたわけではないので、動作は多少不安定だが大抵は十分使えるレベル。


まず、やりたいエロゲのコンバータが存在するかどうかを確認。

http://www.kawaiko.net/
http://osananajimi.net/pda_games.html
http://www.geocities.jp/makappc/ppcj.html
↑ここらへんを探せば大抵見つかるはず。

上記で見つからなからなくてもググってみれば、意外とひそかに公開されていることが多い。つよきす とか。

で、今回は「D.C.P.C. ダ・カーポ プラスコミュニケーション」を使用する。

─必要なもの─
・「D.C.P.C. ダ・カーポ プラスコミュニケーション」製品本体。
・DCPC用コンバータ kotoripc101.lzh →http://www.kawaiko.net/
・microSD

microSDはゲーム本体をインストールするのに必要。BGM・フルボイスの有無・画質で容量は異なるが、ものによっては1ソフトで1GBを超える場合もある。
どうせならmicroSDHC 8GBがあると便利。3000円弱だし→みなさん上海問屋あたりで買っている。

上記が用意できたら、次に、製品をPCにインストール。

ゲーム本体をPCにフルインストールする。
コンバータはPCにインストールされたファイルを使用するので、フルインストールしなければ画像やBGMを抽出できない。

インストールしたら、コンバータ(ここではconvKotoriPC.exe)を使って、PocketPC用にゲームを変換する。
音声、ボイス、画像を全て変換すると結構時間がかかる。

変換したら、あとはmicroSDにファイルを保存してケータイで起動するだけ。
保存するときのフォルダ構成は、コンバータのreadmeに書いてある通りにする。
また、willcom03では、実行ファイルに\PPC_VGA\PPC2003SE\kotoripcVGA.exeが使えるのでそれを使用。

これで、できるはず。
kotori.jpg
2008/10/13 (月)
ずっと前から思ってたんですけど、PDFファイルを両面印刷したい関係で、「奇数ページのみ」と「偶数ページのみ」にわけて印刷するんですけど、全ページ数が奇数の場合うまく印刷できないんですよね。

例えば9ページ終わりのPDFファイルを印刷すると、
「奇数ページのみ」で印刷
→1, 3, 5, 7ページが印刷される
「偶数ページのみ」で印刷
→2, 4, 6, 8, 8ページが印刷される

奇数ページ指定で9ページ目が印刷されないうえに、なぜか偶数ページ指定のときには8ページが2度印刷されるというヒドイありさま。

っつーか、最も迷惑な印刷のされかたです。8ページが2度印刷されるとか紙の無駄。
この現象、プリンタのドライバとは関係ないらしくよくわからないんですが、なんだかAdobe readerのみ特定の条件を満たすと起きるらしいです。

この問題を解決するには、「ページ指定」にしてやると印刷できます。
自分のプリンタだと、ただ「ページ指定」にチェックを入れるだけで印刷できました。
CANON の MP370です。
2008/10/03 (金)
いろいろな人のC言語のコードを見ていると、人によってコーディングも様々だということがわかります。

何を言っているのかというと、主に改行の場所とスペースの入れ方、インデント等です。
基本的に高級プログラミングでは、文法規則を守る範囲ならば、どこにスペースをいれようが改行しようが自由です。つまり、自分の見やすいように工夫するのが良いのかもしれません。

しかし、研究室や開発チームが共同でプログラムのコーディングを行う場合、そうはいきません。自分の慣れない位置にスペースや改行がされていると、非常に見にくいものです。
これを解消するために、ある程度は「こうゆう規則でプログラムを書きましょう」というルールが存在します。これを、「コーディングスタンダード」というそうです。

おそらく、世界的にもっともポピュラーなコーディングスタンダードを紹介します。

・横幅
横幅は、半角80文字以内にきれいに収まるようにコードを書きます。 これは、歴史的にターミナルがデフォルトで横幅80文字だったからだそうです。
Linux等では、常にターミナルウィンドウを横幅80文字で開くように設定しておくと便利かもしれませんね。

←--------------------横幅は半角80文字--------------------→
#include 

………

・インデント
入れ子がごとにTabキーで文字列を下げます。これは、ほとんどの人がやっていることでしょう。
ですが、Tabキーで下げるのは4文字分が一般的です。
エディターによっては2文字分のスペースが入ったり、あるいは6文字下がるものもありますが、大抵、設定できるはずなので4文字にしましょう。

・スペース
スペースの入れる場所は、
1、カンマ「,」の後
2、演算子の前後
3、制御文の括弧「()」の前後
です。
制御文とは、if文とかfor文のことです。

………

main()
{
    int i, n;

………

    for (i = 1; i < n; i++) {
        printf("hello\n");
    }
}
↑ブラウザ上だとすっごくわかりにくいですが、こんな感じに。
上例の、for文 i++ の後の閉じ括弧「)」と開き括弧「{」の間のスペースは忘れやすいので注意です。

それから、制御文に対して関数では括弧の前後にスペースを入れません。これは、関数と区別しやすくためだそうです。
………

int func(int x, int y)
{
    int z;

    z = x + y;
    return z;
}

・改行
たまに見られる、
………

int
func(int x, int y)
{

………
というような、intの後の改行はしないようです。無駄に行数が増える上、大して見やすくなるわけでもない、ということらしいです。

・大文字と小文字
ローカル変数は小文字、定数・グローバル変数は大文字で書くのが通例です。

・変数名
変数名は、これこそ個人の自由と言いたいところです。日本語をローマ字表記したっていいと思います。
ですが、他人が見ることをや書いた本人が忘れないために「a」や「b」などの1文字はやめるべきです。ただしfor文などの「i」「j」「k」「n」等や、対比関係を表すための「a」「b」「c」や「x」「y」「z」は例外です。
また、良く英単語の母音を抜いた文字列が使われていますね。
~よくある例~
temp → tmp
flag → flg
buffer → buf
length → len

とまぁ、いろいろ書きましたが、これはあくまで自分が調べた範囲なので、間違っているかもしれません。ご容赦を…
2008/10/02 (木)
最近、まったくブログの更新していなかった。





……ファイヤーエムブレムっておもしろい。