--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/30 (日)
TBS「スーパービンゴナイト」に参加しました。
こんな夜遅くに、一人でけっこう盛り上がってしまったんですが、









ぜんっぜん当たらねぇぇぇぇぇ!!!!

カスりもしませんでした。3Rやってリーチすらしらすませんでした。

スポンサーサイト
2007/12/30 (日)
REGZAの光デジタル端子の穴がものすごくゆるいんですが?

Opticl01.jpg


写真じゃわからないと思いますが…、ぐらぐらゆれるしすぐ外れます。
REGZAとDENONのコンポをつなげたんですが、コンポ側は割とカッチリ入ります。

光デジタル端子ってこんなもんなのかなぁ…





2007/12/25 (火)
先ほどの液晶テレビとマルチモニタとカスタム解像度とDot by Dotの続きです。


環境:
グラフィックボード 「ELSA GLADIAC FX 534 128MB」 GeForce FX 5200搭載 (←古いw)
32インチ液晶テレビREGZA 32C3500 をセカンドディスプレイとして使用

REGZAにPC画面をきれいに映し出すため(Dot by Dot表示)カスタム解像度を追加します。 (マルチモニタの設定方法は省きます)
GeForce系以外を使用の方はわかりませんw

まず、カスタム解像度を使用するには、最新版のビデオカードのドライバーが必要になります。
PCを買ったときについてるドライバは大抵古いです。
NVIDIA公式HPで左上のドライバーダウンロードから、指示に従いドライバをダウンロードしインストールしましょう。
インストール中に初期設定ウィザードなどがでてきたら、解像度の設定ところは希望の解像度に一番近い解像度に設定しておいてください。

インストールが終わったら、デスクトップ画面で右クリックして「プロパティ」-「設定」タブをクリック。
custom1.jpg
(↑今回は、この世にも珍しい「1360*765」を「1360*768」に変更します。)


詳細設定をクリックし「NVIDIAコントロールパネルの起動」
custom2.jpg

左の「表示」-「カスタムタイミングの管理」から、カスタム解像度を設定するモニタの絵をクリックし、「作成」を押す。
custom3.jpg

ここに、出力するモニタに合わせて設定したい解像度、リフレッシュレート等を入力。
設定できる解像度、リフレッシュレートは普通はテレビの説明書に書いてあります。
custom4.jpg

ここでポイントなのが、「バックエンドパラメータ」の「タイミングのスタンダード」を手作業に設定すること。そして、上で入力した「水平デスクトップピクセル」と「垂直デスクトップライン」をそれぞれ「アクティブ水平ピクセル」と「アクティブ垂直ライン」と同じ数字にします。こうしないと、いくら自分が望む解像度を設定しても自動的にPCがデフォルトの解像度に戻してしまいます。
その他の設定場所は、自動的に設定された通りにあまりいじらないほうがいいかもしれません。自己責任で。

これでカスタム解像度の追加は終了です。
あとは、「NVIDIAコントロールパネル」の「解像度の変更」に新しく追加した解像度が増えているはずです。これを選んで、適用するだけです。

うまくいけば、「画面のプロパティ」にも追加した解像度が増えているはずです。
custom5.jpg
↑「1360*768」が追加されました!


ま、それでも、上手くいかないという人は、最新のグラフィックボードでも買いましょう


・関連記事
液晶テレビとマルチモニタとカスタム解像度とDot by Dot
東芝 REGZA C3500シリーズ 32V型 32C3500をゲット!!


2007/12/24 (月)
東芝 REGZA C3500シリーズ 32V型 32C3500をゲット!!に続いて、この液晶テレビでマルチモニタ環境(デュアルディスプレイ、デュアルモニタ、マルチディスプレイ)に挑戦しました。


最近の液晶TVは、PCの画面をより美しくテレビに映し出すために「Dot by Dot」という映像表示方式をサポートしています。
Dot by Dotとは、1画素を1ドットで表示する方式で、精細感のあるくっきりした描写が可能となります。
また、画素のすべてをスケーリング処理なしで表示するので小さな文字も読みやすくなるのです。

dbd1.jpg
(↑東芝はこんなになると言っていますが、普通の環境ならここまで差はありませんw)

ただしこれを使うには、PCから出力する解像度を、TVに入力できる解像度に合わせる必要があります。
(それぞれのTVに入力できる解像度は説明書に載っているはず。わからない場合→:液晶テレビをPCモニタとして使うスレ まとめwiki
なので、ビデオカード(グラフィックボード)が古かったり特殊なものだったりすると、液晶TVに合った解像度の出力をサポートしていない場合があります。

このとき必要になるのが「カスタム解像度」。
このカスタム解像度、設定方法を説明しているホームページがほとんどなくて2日間も悪戦苦闘したので、そのやり方を以下に書いておきます。

環境:
使用している古いビデオカード「ELSA GLADIAC FX 534 128MB GeForce FX 5200搭載」からは、「ミニD-Sub 15ピン」端子と「DVI-D」端子が一つづつ。
液晶テレビ REGZA 32C3500にはHDMI端子
D-sub はPCモニタとつなげて
DVI はテレビ側のHDMI とDVI⇔HDMI変換ケーブル(2m以内推奨)で接続。

このテレビにはD-sub端子もついているのですが、
D-sub(アナログ)
DVI(デジタル)
HDMI(デジタル)
なので、DVI⇔D-subでPCとテレビをつなぐと、せっかくのデジタルがアナログになってしまう。よって、DVI⇔HDMIでつなぎます。(別に、それほど画質等は変わりませんが)

これでつなげるだけでも、一応、テレビにPC画面を映し出すことは可能です。

しかし、Dot by Dotで表示するには、PCから出力する解像度を、TV側に入力可能な解像度にあわせなくてはなりません。

このREGZAの場合、1360*768で入力してやると最もきれいに映せるのですが、
なんとPCの解像度設定画面には1360*765というなんとも中途半端な解像度しか設定できなかったのです。この解像度のまま出力してやると、なんとテレビ画面の一番下に3dot分のチカチカするラインができましたw

カスタム解像度の設定の仕方はコチラ


で、こんな感じになりました↓

DSC00076.jpg

2007/12/20 (木)
現在、僕が使っているPC用のメールアカウントの中に、
pop3 over SSL(略:pop3s)という暗号化の技術を使っているものがあります。
企業や大学などから提供されるメールアカウントの中には、このpop3 over SSLを使用しないと送受信ができないものも多いのではないでしょうか。

で、このメールアカウントを携帯電話で送受信できるようにしようと思ったのですが…

あれ、できない!?


iアプリで有名なメールクライアントといえば
i-nPOPやibisMailあたりでしょうか。
ですが、試してみたところこのpop3 over SSLはサポートしてません。
(ibisMailはAPOPによる送受信には対応していました。)

必死に、ネットでやり方はないかと探したのですが、見つかりませんでした。

しょうがないので、駄目もとで15種類くらいのアプリをダウンロードして 片っ端から起動して、確かめてみました。

……


で、あったのです!!!!!!

pop3 over SSLが使えるアプリが!!!!!!

Mbox360というiアプリ
tonogataさんという方がつくったアプリらしいです。

携帯からはアプリゲットから入手できるはずです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。